Living thing Guidance Policy 生物:指導方針

Living thing Guidance Policy 生物:指導方針

 

分野別の知識をつなげて体系的な考え方を伝えます。

分野別の知識をつなげて体系的な考え方を伝えます。

概要:「何故そうなるか」を徹底追求し幅広い視野で物事を捉える力を育てます。

単なる暗記は厳禁です。「知識=暗記」ではありません。用語を正しく使える力,説明できる力をつけなければ入試には対応できません。

その力をつけるために,授業では「何故そうなるのか」を重視して,様々な現象や性質について理解を深めていくことを目標にします。体系的な理解によってはじめて難解な入試問題の正解にたどり着けるのです。

ポイント

用語・現象の徹底理解

獲得した知識を問題に応じて正しく選択できるようになるため,授業では用語の意味や現象のしくみの解説に重点を置きます。

「わかっているけど,うまく言えない」からの脱却

harada2.jpg

自分の言葉で説明できる力を養成し,記述問題への対策と理解度の向上へとつなげます。

考察問題・計算問題の演習で応用力を養成

知っているだけでは,合格には届きません。正確な知識を得た上で実践的な問題演習に取り組み,考える訓練を行っていきます。

指導方針:分野別の知識をつなげて、体系的な考え方を伝えます。

harada1.jpg
 多くの知識を使って、考察問題を解いていく。それが大学入試における生物という科目です。それに対応するために、「体系的な知識づくり」と「実践的な思考力の育成」を目標に教科指導を行っていきます。
 最初の目標は、記憶すべき項目を正確かつ体系的に理解していくことです。そのために、現象のしくみや言葉の定義はしっかり解説します。また、各分野との繋がりも示し、体系的に知識を構築していきます。これによって新たなことに気付き、深い理解と学ぶ楽しさに繋がると考えています。
 次の目標は、覚えた内容を自分の言葉で説明できる能力を養成することです。これは記述問題への対策という側面と、理解度を深めるという側面から重視しています。
 最終目標は、考察問題を解けるようになることです。この段階では、現象の理由や実験の結果を洞察する訓練を行います。ただし、こうした洞察を行うためには多くの基礎知識が必要です。だから最初の段階における、知識の体系的な理解が重要なのです。
 以上が生物科の指導方針ですが、それ以上に願うことは生徒たちに生物学を好きになってもらうことです。医学系学部を目指す受験生にとって、生物学は大学入学後も職に就いた後も関わり続ける学問です。ただの受験の道具ではありません。本校は医科系専門予備校なので、この信念を掲げて指導に当たっていきます。

 

 

 

資料請求はこちらをクリック

英語

難解な長文や英作文に挑戦する力や,短時間で問題を解くスピード・テクニックなど,試験への高い対応力を養成します。

指導方針:英語

数学

丸暗記ではなく実践問題を解く中で,定理・公式の必要性をつかむ授業を行います。

指導方針:数学

化学

様々な角度から不思議な化学現象を分析し,解き明かすことで化学の楽しさを伝え,生徒のやる気を引き出します。

指導方針:化学

物理

問題演習だけに時間を割くのではなく,「なぜこの公式が考えられたのか」からじっくり取り組みます。

指導方針:物理

生物

体系的な知識を構築し、生物学への深い理解と学ぶ楽しさを導きます。

指導方針:生物

小論文

医科系大学で常識とされる内容を学び,繰り返し書く練習をすることで合格につながる文章作成能力を養います。

指導方針:小論文

英語

難解な長文や英作文に挑戦する力や,短時間で問題を解くスピード・テクニックなど,試験への高い対応力を養成します。

指導方針:英語

数学

丸暗記ではなく実践問題を解く中で,定理・公式の必要性をつかむ授業を行います。

指導方針:数学

化学

様々な角度から不思議な化学現象を分析し,解き明かすことで化学の楽しさを伝え,生徒のやる気を引き出します。

指導方針:化学

物理

問題演習だけに時間を割くのではなく,「なぜこの公式が考えられたのか」からじっくり取り組みます。

指導方針:物理

生物

体系的な知識を構築し、生物学への深い理解と学ぶ楽しさを導きます。

指導方針:生物

小論文

医科系大学で常識とされる内容を学び,繰り返し書く練習をすることで合格につながる文章作成能力を養います。

指導方針:小論文

イシヤクゴウカク/0120-1489959

受付時間
月~土 9:00~21:00
 
   日  9:00~18:00

 

  • Facebook
  • google plus
  • twitter

名古屋DDP予備校へのアクセス

450-0002
名古屋市中村区名駅二丁目41番20号 CK18名駅前ビル2F・6F