学校案内

名古屋DDP予備校の特徴

Basic principle 基本理念「一人ひとりのために」

名古屋地区初の 医科系予備校として

 名古屋DDP予備校は1997年に名古屋地区で最初の医科系予備校として誕生しました。

 開校以来,私たちの使命は,生徒たちが医科系学部に合格するための学力を養い,さらには将来の医療人としての資質を育てることであると考えています。そのため,カリキュラムの改良やオリジナルテキストの開発,教務力の強化など,指導体制や学習環境の整備に力を注いできました。

 このような地道な取り組みを通じて,私たちは医科系専門予備校としての実績を積み重ね,今年も多くの生徒を志望校に送り出すことができました。生徒や保護者の方々からの信頼を勝ち取り,開校から20年という歴史を積み重ねることができたのも,ひとえにこうした取り組みの成果であると自負しています。 今後も現状に甘んじることなく,より良い指導のあり方を模索し,当校の門戸を叩いてくれたすべての生徒が志望校に近づけるよう最善を尽くしていきます。

すべての医科系学部志望者の ための予備校

 私たちは,医科系学部を目指し,そのために努力する意志のある生徒を原則としてすべて受け入れてきました。入校時の選抜試験によって優秀な生徒ばかりを集めるようなことはしません。

 このような方針をとっているのは,入校時の成績にこだわらずとも,当校の学習環境と本人の強い意志さえあれば,十分に合格水準まで学力を引き上げることができるという,長年の実績に裏打ちされた自信があるからです。

教育理念「一人ひとりのために」

サンプル画像3

 選抜をせずに生徒を受け入れているため,入校時からすでに高い学力のある生徒もいれば,他の予備校で結果が出せずに多浪している生徒もいます。このように様々な個性や学力をもつ生徒が集まるなか,着実に成果を出していくために,私たちは開校以来,一貫して「一人ひとりのために」を教育理念に掲げてきました。この理念にもとづき,学力や学習環境,さらには性格まで考慮し,生徒一人ひとりにとって最適なカリキュラムと授業形式を提案していきます。

 医科系入試という高いハードルを越えるためには,生徒の精神面のフォローを含めた包括的なサポートが必要です。名古屋DDP予備校では,講師やチューターをはじめ,スタッフ全員が一人ひとりの生徒と真摯に向き合い,小規模校だからこそ可能なきめ細やかなサポートを提供していきます。

 一人ひとりのために地道な努力を積み重ね,より多くの生徒を将来の医療人としてここから送り出していくことが私たちの目標であり喜びです。

名古屋DDP予備校3つの特徴

カリキュラム

カリキュラム
受かる人と受からない人の差、それは基礎力の差です。"受かる基礎力"を完全定着させるカリキュラムを提供します。

万全のサポート体制

万全のサポート体制
確かな指導と親身なサポート。「一人ひとりのために」少人数制だからこそ可能な最高の環境を提供します。

地元医大への圧倒的なアドバンテージ

地元医大への圧倒的なアドバンテージ
志望校は愛知医科大学?
それとも藤田保健衛生大学?
最高の対策がここにあります。